2017年01月18日

あがり症を克服するには、まだ場数は踏まないでください!

管理人は50歳を過ぎていますが、この歳になっても「あがり症」に悩まされ、「緊張」が人生に付きまとわれている一人です。

今まで息子の小学校のPTA会長、市のPTA会長、○○委員会などたくさんの人前でスピーチや挨拶をする機会がありましたが、その都度「あがり症」の恐怖に悩まされてきました。

人一倍努力もしてきましたが、生まれつきでしょうか、緊張から解放されることはなく、私のあがり症は簡単に治りませんでした。

途中で何度も逃げ出したくなりますが、緊張している自分を卑下するのではなく、むしろ緊張を受け入れ、(あきらめたわけではありませんが)淡々と伝えたいことだけに専念するようになり、ある程度うまくいくようになってきました。

「人から褒められよう」とか、「話がうまいね」とかそういった見返りを意識せずに、与えられた使命を全うするだけです。

この記事は私のように緊張で手や声が震えたり、赤面したりするような「あがりに悩む人」にとって何らかの
手がかり・突破口になればと思い書いています。

★あがり症を克服するには、まだ場数は踏まないでください

ある30代の女性Aさんの話です。

彼女は、人前で話すのが本当に苦手で、会社へ行くのが嫌になるほど、ものすごく悩んでいました。

そこで、意を決して尊敬している先輩に相談してみました。

すると、先輩はこう言いました。

「あがり症は慣れだよ。場数を踏めばだれでも治るよ!」

でも、このアドバイスはたして正解でしょうか?


結論から申し上げると、場数で改善するあがり症は、本当のあがり症ではありません。

どんなにあがり症・緊張で悩んでいる方も、今までの人生で、何度か人前で話した経験があるはずです。

もし場数で改善するなら、人前で話す度に上達するので、年をとるうちに、あがり症で悩んでいる方はいなくなるはずですよね。

実際30年生きてきたAさんは未だにあがり症を克服できていないのです。


それどころか、実は、あがり症の人は、場数を踏むと悪化する可能性の方が高いのです。


では、彼女の場合どうすればいいのでしょうか?

それは、スピーチ・プレゼンと心理学の専門家から学ぶことです。

あがり症は、あなたの心が引き起こしている現象なので、
心理学的なアプローチが必要不可欠なのです!

そうです。

まだ、場数を踏まないでください。

あがり症専門の心理カウンセラーが監修した、このあがり克服法を使ってからにしてください。

私も実践しており、手ごたえを感じている方法です。
心理カウンセラーが監修した「あがり症克服プログラム」

あがり症改善プログラム〜1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?〜


“聞き流す”だけで赤面や震えなど『あがり症』を克服できる!?

でも、そんなことが、本当に可能なのでしょうか?


通常、人間が認識している意識の部分は、たった5%しかありません。

その意識の下には、95%も占める「潜在意識」と呼ばれる部分があります。

あなたの意識の95%を味方にできたら、今までできなかったことができるようになるのは、当然だと思いませんか?


つまり、この「潜在意識」に直接メッセージを届けるからこそ、“聞き流す”だけで「あがり症」を克服できるのです。

それも、1日たった15分!

あなたの好きな場所で、空き時間などを利用してあなたのペースで進めることができます。

実際私もこの“聞き流し”を1日たった15分だけ聞いていますが、落ち込んだり、いろいろと考えていたものなどが、不思議とどうでもよくなり、くよくよしなくなりました。

15分だけ目をつむって聞いているだけで、毎回同じフレーズですがなんだか心が清々しい気持ちになります。

あなたも、
プロの催眠療法士が作成したこのプログラムを使って、
この機会にあがり症を克服してみませんか?


あがり症を克服するには、まだ場数は踏まずに、こちらのトレーニングを受けてした方が確実に克服できると思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あがり症改善プログラム〜1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?〜
posted by ウルトラ緊張 at 11:45| Comment(0) | 改善プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

あがり症 多汗症・手汗でお悩みの方へ

管理人は50歳を過ぎていますが、この歳になっても「あがり症」に悩まされ、「緊張」が人生に付きまとわれている一人です。

今まで息子の小学校のPTA会長、市のPTA会長、○○委員会などたくさんの人前でスピーチや挨拶をする機会がありましたが、その都度「あがり症」の恐怖に悩まされてきました。

人一倍努力もしてきましたが、生まれつきでしょうか、緊張から解放されることはなく、私のあがり症は簡単に治りませんでした。

途中で何度も逃げ出したくなりますが、緊張している自分を卑下するのではなく、むしろ緊張を受け入れ、(あきらめたわけではありませんが)淡々と伝えたいことだけに専念するようになり、ある程度うまくいくようになってきました。

「人から褒められよう」とか、「話がうまいね」とかそういった見返りを意識せずに、与えられた使命を全うするだけです。

この記事は私のように緊張で手や声が震えたり、赤面したりするような「あがりに悩む人」にとって何らかの
手がかり・突破口になればと思い書いています。


あがり症 多汗症・手汗でお悩みの方へ



人前でスピーチをしたり、異性の前に出ると、一段と頭から汗が噴き出したり、脇汗、手汗をかいたりしませんか?

多汗症の人は、生まれつき、または何らかの原因で、自律神経の中の交感神経系の反応が強すぎるケースが多くみられます。

発汗は自分の意志とは無関係な自律神経の働きで自動的に制御されていますが、交感神経の激しい反応により、自分の意志とは無関係に、特定の場所に発汗してしまうことが多汗症の原因のひとつとして挙げられます。


精神的にストレスが掛かったり、緊張した状態が長く続くと、やはり交感神経の働きが過剰に優位になります。

交感神経が働きすぎることにより、やはり汗腺が刺激されて汗をかきやすい状態になってしまいます。

また、大量に汗をかいてしまう負の経験が重なることによって、次もまた同じ状況の時に汗が出てしまうのでは、と囚われてしまったり、汗をかくことが不安になったりして、さらに悪い状況を生み出してしまうケースもあります。

薬を全く使わず汗とニオイをなくしてしまった方法とは?処方薬には即効性があるものもあり、一時的には楽になるものもあります。ただ、それは単に症状を「抑え込んで」いるだけ。


根本から解決してしまえば、もう薬の副作用を心配する必要もありません。汗のことで悩んでしまい寝られない方へ、不眠症の改善策手汗や多汗症の問題で悩み、なかなか寝つけない日があるかもしれません。

そこで今回、不眠症対策も合わせてお話します。

この方法を知ればよく眠れるので、あなたも明日からスッキリ快適な毎日を送れます。多汗症・手汗を治す上で必要な「シンプルな4つの鉄則」多汗症や手汗を改善する上で理解しておくべき「鉄則」があります。


知っておくだけでも回復スピードが全然違う、その秘訣とは?


多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】

あなたは多汗症・手汗改善の秘訣があるとしたら何だと思いますか?

「汗とニオイが消えたら10歳若返った!」なんて方もいらっしゃるくらい汗とニオイの悩みは心にのしかかっているんですね。

汗とニオイを改善した途端に「5歳若返ったね」「10歳は若く見える」とよく言われるようになります。身体に負担をかけていた日々とサヨナラし、イキイキとした毎日を取り戻してください。


私は一生この大量の汗と付き合わなくてはいけないの・・・?答えはNO!です。何歳からこの方法を始めても大丈夫。

今までうまく行っていなくても、心配しないでください。あきらめる必要はありません。楽しく取り組んでいきましょう。

手汗や多汗症の原因を根本から断つ3つの方法手汗や多汗症を根本的に解決する3つの方法を紹介します。
まず手始めに行なっていただく改善方法ですので、これだけでも大幅に汗が改善されるはずです。。

どの本にも載っていない、ニオイと汗に効果のある裏ワザこれってホント?こんな方法が効くんですか? と思うかもしれません。

はい、本にも載っていないような裏ワザですが、実はみるみるうちに良くなっていくのです…多汗症・手汗が良くならない理由はここにあった!どれだけあなたが一生懸命努力しても、治す方向が間違っていたらいつまで経っても良くなりません。時間のロスですね。


多汗症・手汗改善への近道を学んで、そんな無駄を無くしましょう。

危険な汗やニオイの特徴とは?症状から見てすぐに医師に相談した方がいい大変危険な場合もあります。

深刻な病気が原因である可能性も考えられるため、適切な判断基準を持つことは重要です。


そんな多汗症・手汗改善への近道を学んでみませんか?

多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】
posted by ウルトラ緊張 at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

緊張をほぐす方法(リラックス状態を作る)とは?

管理人は50歳を過ぎていますが、この歳になっても「あがり症」に悩まされ、「緊張」が人生に付きまとわれている一人です。

今まで息子の小学校のPTA会長、市のPTA会長、○○委員会などたくさんの人前でスピーチや挨拶をする機会がありましたが、その都度「あがり症」の恐怖に悩まされてきました。

人一倍努力もしてきましたが、生まれつきでしょうか、緊張から解放されることはなく、私のあがり症は簡単に治りませんでした。

途中で何度も逃げ出したくなりますが、緊張している自分を卑下するのではなく、むしろ緊張を受け入れ、(あきらめたわけではありませんが)淡々と伝えたいことだけに専念するようになり、ある程度うまくいくようになってきました。

「人から褒められよう」とか、「話がうまいね」とかそういった見返りを意識せずに、与えられた使命を全うするだけです。

この記事は私のように緊張で手や声が震えたり、赤面したりするような「あがりに悩む人」にとって何らかの
手がかり・突破口になればと思い書いています。

緊張をほぐす方法



私も非常に人前で緊張します。朝礼のスピーチなどはもう何日も前から悩み、逃げ出したいと思ってしまいます。そんな私の今までしてきた対処方ですが

(1)事前にすることがわかっている場合は何度も練習する
逃げ出したくても逃げ出せないのならせめて自分に少しでも自身をつけるしかないと思うからです。

(2)緊張して失敗して恥をかいても命までとられることはないと開き直る
失敗したと思っても、「私はすごいあがり症なので」と周りに言ってしまうと少しは楽になったりします。

(3)深呼吸する場合、ゆっくりと息を吐く
以前心療内科で聞いた話ですが、吸うときは心拍数が上がりやすく、はいた時は心拍数がゆっくりになるとのことでした。

(4)自律訓練法
緊張をほぐし、リラックス状態を作る訓練法です。私はこれで少しは落ち着きます。


緊張・あがりの原因となるアドレナリンを抑える(コントロールする)ことができれば、緊張をほぐすことができ、あがり症は改善されるでしょう。


アドレナリンの分泌によって心拍数や血圧を上げて酸素を早く体中に行き渡らせたり、筋肉を緊張させることで闘いの準備をし、大量の発汗によって体温を下げようとしているのです。


元々、アドレナリンの分泌は厳しい生存競争の中で生き残って行こうとする自己防衛本能なのです。本能は人により、個人差があり、自分の意思ではどうすることもできません。


アドレナリンの分泌は交感神経の興奮によって起こりますが、これこそ自律神経の働きなのです。自律神経というのは、意志の介入を嫌い、自分で勝手にやってくれる機能なのです。


人前でのスピーチ=一大事=危険と勝手に判断して大量のアドレナリンが出てくるわけです。


自分の意思ではどうしようもないので、「人前でのスピーチを上手く話そう」とか、「とちらないようにしょう」とか思えば思うほど、途中で自己評価してしまい、余計ぎこちなくなってしまいます。


ですので、緊張をほぐす効果的な方法というのは、上手く話す事を「諦める」のも一つの方法です。

諦めるということは決してネガティブなことではなく、目的を達成するための重要な決断になります。

逃避ではなく、今のありのままの自分を受け入れ、軌道を修正していく行為になります。


人はそんなにあなたの言葉一つ一つに真剣に耳を向けて聞いていると思いますか?

あなたが思っているほど、人はあなたの話は聞いておらず、中には違う事を考えている人もいるでしょう。

だらだらと中身のない内容ほど聞きたくない話はありません。

ほどほどに中身があり、言いたいことが一つ伝われば、それで成功だと思います!!


時には最初に言いたいこと(結論)を言ってしまい、わかりやすい例を上げて中身を膨らまして、最後にもう一度念を押せば、確実に相手に一つのことが伝わります。上手なスピーチ・プレゼンのコツですね。


中にはあなたに共感する人も何人か出てくるかもしれません。「よかったよ」とか聞くと、大人でもうれしいものです。

ですから、間違っても「いい話をしよう」などと気負わずに、「今日言いたいことをひとつだけ伝える」ことに専念しましょう。


滑舌が悪くても、吃っていても、言いたいことを伝え、話が通じれば、大成功なのです。

そして、その積み重ねにより、話すことが次第に危機的状況と脳に判断されにくくなってくれば、アドレナリンの分泌も収まってくるのではないでしょうか。

あなたにしか話せない話もきっとあるでしょう。人前でのスピーチをチャンスと取るか、難儀・最悪と取るかで、これからの人生も大きく変わって行くような気がします。

しかし、そうは言ってもうまくしゃべれない方には、次のようなトレーニングが緊張をほぐしてくれます。

剣道の達人が編み出した「心のコントロールの極意」が口コミで広がっています。

あがり症改善、緊張から解放。不眠症改善、剣道六段錬士メンタル・トレーナーが教える脳の使い方「勝つ人のメンタル・コントロールの極意セミナー」(YouTubeで見れる動画) 脳科学で見えてきた、剣豪の心のコントロールの極意。 乱れた心を数分で整える「平常心」のコツ。オリンピック金メダリストが知っている最高のパフォーマンスを引き出す心理状態「ゾーン」の入り口を体得!

剣道六段錬士メンタル・トレーナーが教える、「勝つ人のメンタル・コントロールの極意」セミナー動画を見れば、あがり症の改善、プレゼン、試験、試合、土壇場に強いメンタル(心)を作ることができます!


脳科学で見えてきた、剣豪たちの心のコントロールの極意を伝授します。

最高のパフォーマンスを引き出す心理状態「ゾーン」を体得して、
どんな逆境の中でも、たった3分でベストなコンディションを創りだす、ストレス・マネジメントの極意をお教えします。

日頃から強烈なストレスにまみれている方に たった3分で、至福の時間を楽しめる極意です。

死闘に勝ち抜いた剣豪たちの心のコントロール法を、脳科学で解説し、「やって見せる」ことで納得できるセミナー講義になります。

本(文字)では伝えらなかった事を「見せて」伝えます。
体と心を健全に維持する極意を、伝授します。

「勝つ人のメンタル・コントロールの極意【特徴】
・本(文字)では伝わらない極意を、「やって見せる」で伝授します。
・剣豪の極意を、脳科学で解説し、さらに理解しやすく。
・実際のワークで、たった3分で感情コントロールするコツを体得します。
・宮本武蔵などの剣豪たちの心と感情のコントロール法
・2時間12分の講座の動画です。
・YouTubeを観れる環境下でなら、いつでもどこでも観れます。
・この内容がわずか 1,980円で学べます。
              

マイケルジョーダン、長嶋茂雄、スティーブジョブス、宮本武蔵も使っていた、
感情をコントロールし、精神を集中させる極意とは?
成功者達に共通するある一つのこととは?
剣道六段錬士メンタルトレーナーが,脳科学の解説を交え、Youtube動画で伝授します。

緊張をほぐす方法「心のリセットボタン」を手に入れてみませんか!

あがり症.jpg


あがり症改善、剣道昇段審査合格のメンタルとは?剣道六段錬士メンタル・トレーナーが教える脳の使い方「勝つ人のメンタル・コントロールの極意セミナー」(YouTubeで見れる動画) 脳科学で見えてきた、剣豪たちの心のコントロールの極意。心のリセットボタンを手に入れる!
posted by ウルトラ緊張 at 16:45| Comment(0) | 克服本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

あがり症 克服の本「さようなら!あがり症」

管理人は50歳を過ぎていますが、この歳になっても「あがり症」に悩まされ続け、「緊張」が人生に付きまとわれている一人です。

今まで息子の小学校のPTA会長、市のPTA会長、○○委員会などたくさんの人前でスピーチや挨拶をする機会がありましたが、その都度「あがり症」の恐怖に悩まされてきました。

人一倍努力もしてきましたが、生まれつきでしょうか、緊張から解放されることはなく、私のあがり症は簡単に治りませんでした。

途中で何度も逃げ出したくなりますが、緊張している自分を卑下するのではなく、むしろ緊張を受け入れ、(あきらめたわけではありませんが)淡々と伝えたいことだけに専念するようになり、ある程度うまくいくようになってきました。

「人から褒められよう」とか、「話がうまいね」とかそういった見返りを意識せずに、与えられた使命を全うするだけです。

この記事は私のように人前で緊張して手や声が震えたり、赤面したりするような「あがりに悩む人」にとって何らかの
手がかり・突破口になればと思い書いています。


あがり症 克服の本



緊張して、人前で話すことができない----こんな悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?

著者麻生さん自身も、以前はあがり症のサラリーマンでした。
しかし、あがりを見事に克服し、今ではラジオDJとして活躍しています。

今日は麻生さんがあがり症を克服したノウハウ本を紹介します。

本の内容はいずれも麻生さん自身が実践してきた・している、"生きた方法"ばかり!

具体的な「あがり克服法」だけでなく、「なぜあがってしまうのか」「あがらなくなればどんないいことがあるのか」といったことにも触れています。

「多くの人とコミュニケーションを取りたい! あがり症をなくしたい! 」
----そう心から思える、必見の本になります。

「あがり症」は、たった二つのことを実践するだけで誰でも必ず克服できます。自分の「思考」を変えることと、事前に「準備」すること。本書では、その具体的な方法についてすべて書かれています。

会社の朝礼や面接など、「10人程度の前で話す」ケースから、結婚式のスピーチや講演など、「100人規模の前で話す」ケースまであがらずに話すためのノウハウが満載です。



さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる (DO BOOKS)

その他
あがり症克服の本とDVDを集めました!
posted by ウルトラ緊張 at 11:07| Comment(0) | 克服本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

あがり症 会話下手の営業マンの方へ 人生が変わる1冊の本

管理人は50歳を過ぎていますが、この歳になっても「あがり症」に悩まされ続け、「緊張」が人生に付きまとわれている一人です。

今まで息子の小学校のPTA会長、市のPTA会長、○○委員会などたくさんの人前でスピーチや挨拶をする機会がありましたが、その都度「あがり症」の恐怖に悩まされてきました。

人一倍努力もしてきましたが、生まれつきでしょうか、緊張から解放されることはなく、私のあがり症は簡単に治りませんでした。

途中で何度も逃げ出したくなりますが、緊張している自分を卑下するのではなく、むしろ緊張を受け入れ、(あきらめたわけではありませんが)淡々と伝えたいことだけに専念するようになり、ある程度うまくいくようになってきました。

「人から褒められよう」とか、「話がうまいね」とかそういった見返りを意識せずに、与えられた使命を全うするだけです。

この記事は私のように人前で緊張して手や声が震えたり、赤面したりするような「あがりに悩む人」にとって何らかの
手がかり・突破口になればと思い書いています。

人生が変わる1冊の本



4月から新入社員となり、初めての営業を経験される方も多いのではないでしょうか?
せっかく難関の会社に入ったのに、営業や人間関係でつまづくことがありますよね。

特に、内気で人見知り、あがり症の方は歯車を合わせるのに少々時間がかかるので、
そこで、人生を楽しく前向きにしてくれる1冊の本を紹介します。


はっきり言って人生が(良い方へ)変わります!
ものの見方・価値観が変わります!
目の前が明るくなります!
自分よりも人を見るよになります!
とにかくすべてがプラスになります!

読むか読まないかは自由です。
管理人は50歳。遅すぎなんて思わず、今からでも出会ってよかった1冊です。

s-IMG_2965.jpg

超訳・速習・図解 営業嫌いだった人が1億売る人に変わる「仕事ノート」

小学校の先生→フツーの主婦から営業No.1になった女性社長の「気づきメモ」
営業嫌いが営業の達人になった「ノート」の秘密とは?
営業経験ゼロの普通の主婦が営業の達人になれた仕事ノートを公開。
言葉の使い方、魅力ある営業マンの特徴、売れない時代に売る方法など
具体的な営業手法から売る人に共通する心構えまで、営業についてのあらゆる問いを網羅しました。
営業マンのみならず全てのリーダーに読んでもらいたい一冊。

朝倉 千恵子
株式会社新規開拓 代表取締役社長。
◎1962年、大阪府生まれ。小学校教員を経て35歳の時
まったく異業種である株式会社社員教育研究所に入社。
中途入社、営業経験ゼロからのスタートであったが
それでも礼儀、挨拶を徹底した独自の営業スタイルで
未経験から3年後にトップセールスになる。
◎そのノウハウを広く啓蒙するために2001年に独立。
現在、株式会社新規開拓の代表取締役社長。
社員教育のエキスパートとして、全国各地にて講演・研修活動を展開。
経営者セミナーや大手企業などの管理職、セールスパーソンの教育研修を行い
7000人以上をトップビジネスマンに育て、そのリピート率は9割を誇る。
また女性限定の「トップセールスレディ育成塾」を主催。
卒業生は17 00名を超え、全国にファンが多い。

女性のみならず、男性にももちろん通じることです。

働く女性の応援団長 朝倉千恵子 Vol.139 『声が表すもの』

posted by ウルトラ緊張 at 09:01| Comment(0) | 克服本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

SADの治療法:「催眠療法」「薬物療法」はどちらが有効か?

管理人は50歳を過ぎていますが、この歳になっても「あがり症」に悩まされ続け、「緊張」が人生に付きまとわれている一人です。

今まで息子の小学校のPTA会長、市のPTA会長、○○委員会などたくさんの人前でスピーチや挨拶をする機会がありましたが、その都度「あがり症」の恐怖に悩まされてきました。

人一倍努力もしてきましたが、生まれつきでしょうか、緊張から解放されることはなく、私のあがり症は簡単に治りませんでした。

途中で何度も逃げ出したくなりますが、緊張している自分を卑下するのではなく、むしろ緊張を受け入れ、(あきらめたわけではありませんが)淡々と伝えたいことだけに専念するようになり、ある程度うまくいくようになってきました。

「人から褒められよう」とか、「話がうまいね」とかそういった見返りを意識せずに、与えられた使命を全うするだけです。

この記事は私のように人前で緊張して手や声が震えたり、赤面したりするような「あがりに悩む人」にとって何らかの
手がかり・突破口になればと思い書いています。

SADの治療法:「催眠療法」「薬物療法」




あがり症改善カウンセラー@Marty さんは
自らのあがり症の経験を活かしてあがり症の改善、克服の手立てをしています。

@Marty さんのHPは悩みについてあらゆる角度から解説が施されているので、それだけで安心します。
一度覗いてみませんか?


SADの治療法としては、どんなものがあるのでしょうか?
SADの治療法には、次の2つの治療法が有効だとされています。

1.薬物療法
SSRI・抗不安薬・β遮断薬等の薬を服用する治療法です。


薬物療法を決して否定するわけではありませんが、
「副作用のない薬はない」ということは、 覚えておく必要があります。


また、SADの再発率も、次にあげる心理療法に比べると、高いという特徴があります。


2.心理療法
薬を使わずに、心の問題の解決が期待できる治療法です


SADには、認知行動療法を始めとする心理療法が有効であるとされています。

再発率は、薬物療法よりも心理療法の方が低いです。

この心理療法の中でも、私が特に注目しているのは、「ヒプノセラピー(催眠療法)」です。

ヒプノセラピー(催眠療法)について更に詳しく書かれています。

あがり症改善プログラム〜1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?〜






SADの方、極度のあがり症の方は、いつ緊張する場面に出くわすか、日頃から緊張状態を強いられています。


そのため、「リラックス」という感覚が、なかなか掴めないのです。

その点、ヒプノセラピー(催眠療法)は、極度のリラックス状態に誘導することができます。

この「いつでもリラックスできる」という安心感が、あがり症の改善に、非常に効果があるのです。
posted by ウルトラ緊張 at 16:33| Comment(0) | 治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする